■トリキュラーを飲んでいたらpmsの症状が悪化した!

 

・ピルは体質によって合う・合わないがある
・3シート目を飲み終えても合わない場合は医師に相談を!
・自己判断で勝手にやめるのはやめましょう

 

 

私もそうだったのですが、pmsでイライラが止まらず周囲にあたり
散らしてしまうことってありますよね?

 

 

Pmsの症状でもっとも多いのはイライラです。仕事、家事、育児で
毎日忙しく時間に追われる生活をしている女性はなりやすいです。

 

 

私も子供が生まれて仕事に復帰したばかりの頃は、精神的に
余裕がなく、生理前はどうしてもイライラしていました。

 

 

最初は、旦那さんとのちょっとしたケンカが多くなった程度でしたが、
徐々にエスカレートして、仕事場でもカリカリするようになりました。

 

 

ある日、風呂掃除を旦那さんがするのを忘れていたことにカッとなり、
風呂桶を床にたたきつけてしまいました。

 

 

旦那さんは、そんな私を見たのは初めてだったので唖然・・・。

 

 

「このままだと子供にあたってしまうかもしれない・・・」と心配になり、
慌てて婦人科を受診して低用量ピルを飲むようになりました。

 

 

初めはピルになれないので吐き気を感じることがありました。
しかし、徐々に不安が気分の落ち込みが多くなっていったのです。

 

 

医師に相談をしたところ「ピルは体質によっては合わないことがあり、
pmsの症状が悪化してしまうこともある」という、説明を受けました。

 

 

体質によって合う・合わないがあるなんて知りもしなかったので、
とても驚いたのを覚えています。

 

 

5か月くらい飲みつづけて医師との相談の上、ピルを辞めて自力で
改善することを選びました。

 

 

ピルは3シートを目安に飲みつづけると言いそうです。3シート目を
飲み終えても、身体に合わない場合は医師に相談をしましょう。

 

 

長期間飲みつづけていて合わない場合は、ピルを辞めて他の方法を
試すという手もありますよ!

 

 

■トリキュラーの特徴とは?

 

・トリキュラーは3段階に変化する3相性ピル
・毎日飲み順番を守るようにしなければならない

 

 

トリキュラーは低用量ピルの1種で3色の錠剤を順番に沿って飲む
ようにできています。

 

 

色が違う錠剤はそれぞれ、含まれている女性ホルモンの量や比率が
違います。

 

 

ピルを飲み進めていくうちに、3段階で女性本来の正しいホルモン
バランスに変わっていくようになっているのです。

 

 

徐々にホルモンバランスが変化していくことで子宮内膜が安定し、
不正出血や吐き気などが起こりにくいという特徴があります。

 

 

しかし、のみ忘れや飲む順番を間違えないようにする必要があり
ますね。飲む時間も規則正しくするようにしてください。

 

 

トリキュラーの中で身体に不調を感じやすい段階は、3段階目の
黄色い錠剤です。

 

 

もっとも女性ホルモンの含まれている量が多くなる最後の段階ですので、
黄色い錠剤のトリキュラーを飲み始めた途端に吐き気などを感じる人もいます。

 

 

トリキュラーをはじめとする低用量ピルのほとんどに、21錠タイプと
28錠タイプがあります。

 

 

ピルは、21日間飲みつづけて7日間休むというサイクルを繰り返します。
28錠タイプは何日間休んでいるか、忘れないための偽薬が7錠入っています。

 

 

効果には変わりがありませんので、飲みやすい方を選びましょう。

 

 

■トリキュラーは服用している間は健診が必要?

 

・血栓症になっていないか3カ月か半年に一度血液検査をしましょう
・婦人科やレディークリニックのほとんどで検査できる

 

 

トリキュラーを服用している場合は、18歳以上なら定期的に検査を
受けるようにしてください。

 

 

乳がん、子宮がん検診、そして血栓症になっていないか知るために
血液検査をおこなってください。

 

 

ピルは血管の中に、血のかたまりをつくりやすくするというリスクがあります。

 

 

ピルを飲み始めて3カ月〜半年たつ場合は、一度血液検査をして、
異常がなくても半年に一度くらいは受けるようにしてください。

 

 

また、水分を小まめに摂る、血液をサラサラにする食材を多く食べる
ようにするなど、自分でできる工夫も行っておきましょう。

 

 

■トリキュラーと一緒に飲むと危険な薬

 

・飲み合わせに注意をしましょう

 

 

低用量ピルであるトリキュラーと一緒に飲むことで効果が薄れたり、
身体に不調を感じたりする薬があります。

 

 

お薬手帳を見て常用している薬がある場合は、当てはまっていないか
確認をしてみてください。

 

 

テトラサイクリン系抗生物質、ペニシリン系抗生物質という抗生剤は
ピルとの併用には注意がいります。

 

 

不正出血が出やすくなることもありますので、気をつけましょう。

 

 

セントジョーンズワートはサプリメントなどに含まれているハーブの
成分ですが、こちらも不正出血が出やすくなります。

 

 

この他にもてんかんや緊張をほぐす薬、うつ症状を緩和する薬など
との併用は避けるようにしてください。

 

 

ピルは通販でも購入出来てしまうのですが、出来るだけ医療機関で
処方してもらった方が良いです。

 

 

その理由は、こうした薬の飲み合わせがあるためです。

 

 

また、自分の体質などを診察してくれた医師が合うと判断したピルを
服用すると安全だからですね。

 

 

くれぐれも友達からもらったピルなどを服用しないようにしてください。