■生理前のイライラに安定剤を飲んだら眠すぎ

 

・精神安定剤は睡眠導入剤としても使われている
・運転をする時や大切な用事がある時は飲むのを避けた方が良い

 

 

PMSという生理前のイライラ・情緒不安定、腹痛、ケンカ腰になる
といった、さまざまな症状に悩まされている女性は多いです。

 

 

私自身は生理中、少し下痢になる程度で深刻な悩みはありません。

 

 

しかし、たまに生理前になると、必ず旦那さんとケンカをして、
些細なことで号泣したりしてしまうことがあります。

 

 

自分で自分の感情のコントロールが効かなくなり、どうしていいか
分からなくなることは、普通に生活していてもごくたまにあります。

 

 

しかし、PMSの人はそれが毎月ですので、本当に辛いと友人が
言っていました。

 

 

私は自力で出来る対策で症状を抑えているのですが、病院へいき、
薬を処方してもらうケースもあります。

 

 

PMSで病院へ行くと、良く処方されるのは低用量ピルという優しい
効き目のピルです。

 

 

ピルを飲むと、女性ホルモンを分泌しなくなるので、生理に伴う
様々な症状を軽くすることが出来ますよ。

 

 

また、イライラする、情緒不安定、ケンカ腰になる、などの精神的な
症状には精神安定剤を処方されることもあります。

 

 

しかし、精神安定剤は睡眠導入剤として、処方されることも
あるのです。

 

 

人が最もリラックスしているのは、眠っている時です。

 

 

薬の作用でリラックス状態にするので、効果があり過ぎると
眠くなってしまいます。

 

 

1日の精神安定剤の摂取量を1錠、減らしてみてください。

 

 

それでも、眠気が出る場合は「長時間の運転をする日は飲まない」
「大事な用事がある日は飲まない」など、調節して飲みましょう!

 

 

薬を飲む量を勝手に増やすことはとても危険ですが、減らすことは
重篤な病気ではない限り、深刻な事態になりません。

 

 

自分の症状と相談をして、自分で調節しながら飲むことも大切
なのです。

 

 

■イライラの多くはPMS

 

・生理前症候群という女性ホルモンの働きによる病気
・身体的な症状を抑えることで精神的な症状が治まる

 

 

生理前にイライラしてしまう人の多くは、生理が来た途端に何事も
なかったかのように安定した精神状態で過ごすことが出来ます。

 

 

この症状を生理前症候群と言います。

 

 

英語で略すとPMSというのですが、生理が来る数日前からイライラ
したり、下痢や便秘になったり、身体の不調を感じたり。

 

 

人によって、実に様々な症状が出ます。

 

 

多くは自分でできる対策で症状を軽くすることが出来ます。

 

 

病院で診断を受け、薬を処方してもらうのは、とても正しい対処法
なのですが、薬のみに頼らず自分でできる対策を打つようにしましょう!

 

 

まず、精神的な症状が強いPMSの場合は、生理1週間前から、生理
開始予定日までの間は、ストレスがかかる予定を入れないようにしてください。

 

 

苦手な人たちとの食事会や、大勢の人と会う、整理整頓が苦手な人は、
生理1週間前に突入する前に済ませていきましょう。

 

 

こうして、自分でPMSに対する準備をしておくと、良いですよ。

 

 

さらに、PMSの時は毎日好きな映画を観る、好きな色の服を多く切る、
好きな食べ物を食べるなど、ちょっとした気分が良くなる工夫をしましょう。

 

 

また、生理痛の症状が軽くなると、PMSの症状も軽くなります。

 

 

腰痛などがある場合は、温湿布を貼ったり足湯をして、身体を温めるなど
して症状を緩和するとストレスも減りますよ。

 

 

薬を飲みながら、こうした工夫を一緒に行ってみてください。

 

 

■PMSのイライラに行くサプリメントもある

 

・サプリメントは食品なので、副作用の心配が名い
・不安を感じる薬よりも気楽に飲めるので、ストレスの軽減になる

 

精神安定剤をはじめとする処方薬には、必ず作用と副作用があります。

 

 

副作用のない安全な薬は存在しないので、どうしても副作用に対する
注意が必要になります。

 

 

しかし、デリケートなPMSの時期に副作用の心配をしながら、毎日薬を
飲むのは、不安ですよね?

 

 

そんな場合は、サプリメントに切り替えるのも一つの方法ですよ!
サプリメントは処方薬と違い、薬ではなく食品です。

 

 

ですので、正しく飲んでいれば副作用が起こることはまずありません。

 

 

PMSのイライラに効くサプリメントはいくつか種類がありますので、
さがしてみてください。

 

 

■PMSのサプリメントは毎日飲みつづける?

 

・PMSの時期だけ飲むタイプのサプリメントは少ない

 

PMSは生理1週間前から生理開始日までの1週間程度の間
症状が出ることが多いです。

 

 

しかし、PMS対策のサプリメントは、そのPMSの症状が出ている期間
だけではなく、毎日飲みつづけないといけないタイプのものがほとんど。

 

 

PMSの時期だけ飲めばよいサプリメントは、「COCUA HINA」などで、
成分の85%が無農薬オーガニック原料で作られています。

 

 

ですので、アレルギーの原因物質を一切含んでいません。
1ヶ月の内、7日間飲めばいいのでストレスなく続けることが出来ます。

 

 

こうした手軽なタイプのものを選ぶようにしてくださいね。

 

 

そして、サプリメントは効果が出るまで2カ月近く期間がかかることがあります。

 

 

PMSの症状をすぐに抑えたい場合は、サプリメントと一緒にストレス解消法
などを見つけて、イライラを溜めこまないようにしてくださいね。
■PMS診断チェックリスト

 

・生理時にイライラしてもPMSじゃないこともある
・診断チェックをして自分がPMSかどうか確認しよう

 

 

生理前にイライラが激しくなり、生理中も続いている症状はPMSに
近いものがあります。

 

 

しかし、PMSではない可能性もありますので、しっかり症状を診断する
必要があります。

 

 

PMSの大きな特徴は生理前にイライラが頂点に達し、生理中に徐々に
薄れていく、もしくは生理が来た途端に収まるといったもの。

 

 

しかし、これだけで自分がPMSかどうかを判断するのは、難しいですよね?
ですので、PMSの診断チェックリストを用意しました。

 

 

このチェックリストの項目と、自分の症状を比べてみてください。

 

 

PMSの身体に出る症状リスト

 

下腹部が張る・下腹部が痛い
手足がむくむ・手足が冷える
頭痛がする
肩こり
めまい
食欲が増す・食欲がなくなる
のどがかわく
便秘をする・下痢をする
おりものが増える
乳房が張る・乳房が痛い
ねむくなる
肌が荒れる・ニキビができやすい
疲れやすい
身体がスムーズに動かない

 

PMSの精神的な症状

 

イライラする・おこりやすい
攻撃的になる
興奮しやすい
自分をコントロールできなくなる
ゆううつになる
弱気になる・無気力になる
自信がなくなる・不安感が高まる
集中できない・能率が低下する
記憶力が低下する
性欲が高まる・性欲がなくなる

 

PMSの社会的症状

 

いつもどおり仕事が出来ない
整理整頓したくなくなる
物事が面倒になる
女性であることが嫌になる・月経が嫌になる
他人と口論する
家に引きこもる
誰も理解してくれないと思う
一人でいたい
家族や友人に暴言を吐く
人付き合いが悪くなる

 

 

これらの症状に当てはまっていてもPMSではない可能性もあります。
生活に支障をきたす程、症状が重い時は婦人科で相談をしましょう!

 

 

■ゼリア新薬のプレフェミンが発売された

 

・PMSに効果のあるチェストベリーが配合されている
・90%以上の人が効果を実感!

 

 

ゼリア新薬から発売された、「プレフェミン」は日本でたった一つの
PMS治療薬です。

 

 

PMSに効果的な西洋ハーブ・チェストベリーが配合されていて、
1日1錠飲むだけで、症状が軽くなります。

 

 

また、飲みつづけることで、ドンドン症状が軽くなり、90%以上の人が
効果を実感した薬でもあります。

 

 

チェストベリーはPMSの症状や生理痛を軽くするハーブとして知られていて、
ハーブティーなどで摂取している人もいるのです。

 

 

そして、チェストベリーは、さまざまな健康食品に使用されていますが、
健康食品だと、商品によっては、品質が悪いこともあります。

 

 

また、薬は患者さんを対象とした臨床試験が実施されているので、
安全性や効果は確認済みです。

 

 

しかし、健康食品だと臨床試験を行わないので、安全性や効果は
確実とは言えません。

 

 

いきなり薬を試すのが怖い人は、まず健康食品から始め方がいいかと
思います。

 

 

しかし、効果がないのにずっと健康食品を取る続けるのはやめましょう。

 

 

■プレフェミンを服用できない人は?

 

・18歳未満や月経不順の人は飲めない
・妊娠中・授乳中も飲むのは禁止

 

 

プレフェミンの有効成分はチェストベリーですが、女性ホルモンのひとつで
ある黄体化ホルモンに働きかける作用があります。

 

 

ですので、女性ホルモンの働きが大きく作用する妊娠中や授乳中、
婦人科疾患を抱えている人は、プレフェミンを飲むのはやめましょう。

 

 

そして、女性ホルモン以外のホルモン剤を飲んでいる場合は、プレフェミン
だけにするか、ホルモン剤だけにするか、どちらかだけにしてください。

 

 

特にチェストベリーは妊娠中の場合、大事に多くな悪影響を与えるので、
自己判断では服用しないでくださいね。

 

 

また、18歳以下や月経不順がある人、そしてチェストベリー自体に
アレルギーがある人なども飲まないようにしてください。

 

 

そして、2か月間以上服用しても効果が出ない場合は、症状と合って
いないということになります。

 

 

PMS以外の病気や疾患である可能性がありますので、婦人科などを
受診しましょう。

 

 

■副作用が心配ならアロマオイルを試すのも良い

 

・かおりを嗅ぐだけでイライラが治まるアロマもある
・ラベンダーなど馴染みのあるものでもOK

 

 

プレフェミンのようなハーブを有効成分として作られた薬は、副作用
が完全にない訳ではありません。

 

 

現に飲めない人がいるということは、100%安全ではないということ
なのです。では、100%安全な方法でハーブをPMSの改善に役立てる
には、どうしたらいいのでしょうか?

 

 

それは、アロマオイルを使う方法です。

 

 

ティッシュに自分の好きな香りのアロマオイルを、1滴たらして胸ポケット
やジャケットの内ポケットに入れておきましょう。

 

 

こうすることで、香りと一緒に1日を過ごすことが出来ます。

 

 

アロマオイルには実にさまさまな種類があり、中でもクラリセージは
イライラを抑えて気分をふんわりさせてくれます。

 

 

また、ラベンダーなどの馴染みのあるハーブを選んでも良いでしょう。

 

 

実家に咲いていたハーブ、近所に咲いているお気に入りのハーブなど
人によって、リラックスできる香りは違います。

 

 

また、ハーブではありませんが、フルーツの香りにもリフレッシュ効果が
あるので、フルーツを食べると良いでしょう。

 

 

特にかんきつ類が、気分をスッとしてくれますよ。
■プレフェミンの値段、通販で買える?

 

・30錠入りで1,800円
・要指導医薬品なので通販では買えない
・購入するのは薬剤師がいる薬局やドラッグストアで!

 

 

生理前に身体の不調を感じる場合は、生理前症候群という病気の
可能性があります。

 

 

生理前症候群を略すとPMSなのですが、このPMSに効果がある
一般薬は今のところ、日本には一つしかありません。

 

 

そのため、足湯をしたり、アロマをたいたりして自分でイライラを
抑える工夫をし、乗り切ろうとしている人は多くいます。

 

 

私もPMSで、おもい体の不調はないのですが、精神状態が
かなり不安定になるのです。

 

 

リラックスをしやすい方法は、人それぞれで対処の仕方も人それぞれ
なのですが、薬で確実に症状を抑えたい場合もありますよね?

 

 

そんな時に有効なのが「プレフェミン」なのです。

 

 

プレフェミンは1箱3錠入り、1日1錠を服用するので1ヶ月分入っています。
価格は1箱1,800円となっています。

 

 

PMSに効果のあるサプリメントは30日分で2,000〜4,000円代の
ものが多いので、かなり買いやすい金額ですね。

 

 

しかし、プレフェミンは要指導医薬品として指定されています。

 

 

要指導医薬品は、2013年に改善された薬事法改正で新しくつくられ
ました。

 

 

医療用医薬品から、一般用医薬品に移ったばかりの安全性評価が
終わっていない市販薬は要指導医薬品に指定されています。

 

 

インターネットでの販売を禁止し、薬剤師のいる薬局やドラックストアで
しか購入できない仕組みになっているのです。

 

 

薬剤師の説明をしっかり聞いて、購入するようにしてください。

 

 

■プレフェミンの副作用は?

 

・薬アレルギーの人はアレルギーが起きやすい
・うつ病だった人は服用で再発することも!
・発疹や赤み、痒みが出るケースもある

 

 

プレフェミンは、西洋ハーブを使っている一般薬ですが、副作用が
いくつかあります。

 

 

まず、プレフェミンが体調に合わなかったのかPMSの症状が悪化したと
いう事例があります。

 

 

また、薬アレルギー体質の人がプレフェミンを飲むと、アレルギー症状が
起きやすいです。

 

 

さらに、うつ病を以前患っていた人がプレフェミンを飲むとは再発する
可能性があります

 

 

プレフェミンの副作用で発疹やかゆみ、赤みが出る可能性があるので
注意が必要となります。

 

 

そして、月経が順調だった人がプレフェミンを飲んだところ、月経不順に
なったというケースもあります。

 

 

プレフェミンが要指導医薬品である理由が分かったかと思います。
決して安全な薬というわけではないのです。

 

 

また、プレフェミンを飲みにあたって、いくつかの注意点があります。

 

 

■プレフェミンの注意点は?

 

・毎日欠かさず飲みつづけないといけない
・医師の許可がないと3ヶ月以上は飲みつづけることが出来ない
・まとめ買いが出来ない

 

 

プレフェミンを飲むうえで注意をしなければならない点がいくつかあります。

 

 

まず、プレフェミンは1度飲み始めると、PMSの症状が出ている時
以外でも毎日欠かさず飲まなければなりません。

 

 

そして、飲み忘れてはいけないので、毎日決まった時間に欠かさず
飲まないといけなくなります。

 

 

また、3カ月を超えて、継続的に飲みつづける場合は、プレフェミンの
使用許可を医師に摂らなければなりません。

 

 

プレフェミンは要指導医薬品ですので、薬剤師に説明を受けて購入します。
購入をする際は1箱づつしか買えません。

 

 

2箱目を購入する時はカードに必要事項を記入し、提出をして薬剤師に
PMSの症状と一致するかどうか、チェックしてもらう必要があります。

 

 

薬剤師の許可なしにはかえないので、まとめ買いはできません。

 

 

初対面の薬剤師にPMSの症状を細かく説明をするとなると、女性なら
誰でも抵抗を感じてしまいますよね?

 

 

プレフェミンの副作用と、この手間を考えたらプレフェミン以外でPMSの
イライラを解消した方が楽なのではないでしょうか?

 

 

■プレフェミンに頼らないでイライラを解消する方法

 

・イライラを解消するコツをつかめばいい
・怒りは6秒くらいで収まる

 

 

PMSによるイライラは、普段の生活では決して感じることのない
激しい怒りの感情です。

 

 

しかし、どんなに激しい怒りでも6秒間くらいしか維持することは
できません。

 

 

つまり、かっとなっても10秒だけ我慢すれば、イライラも引いていくの
です。このことを頭に入れておいて、かっとなったら10秒目を閉じて
我慢をしましょう。

 

 

また、イライラしてたら、すぐにその場から離れるようにしてください。
場所を変えるだけで人の気持ちは切り替わります。

 

 

身体を動かしたり、ストレッチしたり、マッサージをしたりしても良いでしょう。
イライラを感じた場所に長くいると、イライラが増すばかりですよ。

 

 

そして、イライラすることや、傷つくこと、悲しいこと、後悔することなど、
心を不安定にさせる原因を紙にかきだしてみると良いでしょう。

 

 

こうすることで頭の中が整理され、漠然としたイライラの原因が明白に
なります。イライラの原因が明白になると気持ちがスッとしますよ。

 

 

そして、家の中で出来る軽いストレッチは生理痛を軽くするだけでは
なくイライラも軽くしてくれます。

 

 

また、温かい飲み物を飲むとホッとするので、リラックスできますよ。
■バファリンルナiはPMS対策になる?

 

・頭痛などの症状があるPMSには効果あり
・PMSの精神的な症状には効果はない

 

 

生理前のイライラや腰痛、便秘などの症状は生理薬でも効果があるので
しょうか?

 

 

生理前の体と心の不調をPMSと言いますが、生理が来ることで症状が
出ます。だから、生理薬は効果的!と、思ってしまいますよね?

 

 

しかし、実際はそこまで単純ではありません。
私もPMSの症状が重いときに、バファリンルナiを試したこともあります。

 

 

ですが、期待したような効果は見られず、結局、他の方法を試すことに。
何故、バファリンルナiはPMSに作用しなかったのでしょうか?

 

 

まず、バファリンルナiの効能は、頭痛、腰痛、肩こり痛、筋肉痛、悪寒、
発熱時の解熱など身体的な症状となっています。

 

 

ですので、もともとイライラなどの精神的な症状に作用しないのです。
PMSで腰痛がひどい、頭痛がひどいなどの場合は効果があります。

 

 

しかし、イライラする、不安になる、泣きたくなる、などの精神面に
働きかける成分は含まれていないのです。

 

 

ですので、バファリンルナiを購入する前に、自分のPMSの症状を把握
することが先です。どういった症状に悩まされているか確認しましょう。

 

 

■命の母ホワイトの成分は漢方

 

・漢方で出来ているのでゆっくり効果を発揮する
・9種類の添加物が含まれているので無添加ではない

 

 

生理前から生理中にかけてのイライラ、気持ちの浮き沈みに命の母
ホワイトは効果を発揮してくれます。

 

 

命の母ホワイトは、11種類の生薬を砕いて出来ているので、複数の
漢方薬を摂取しているのと同じです。

 

 

しかし、その11種類の生薬を錠剤に加工する時に、9種類の添加物を
混ぜているので、無添加で100%安全という訳ではありません。

 

 

命の母ホワイトの副作用は、以下のような症状ですね。

 

立ちくらみのようなめまいでクラクラする
お腹がゆるくなって、トイレが近くなる
副作用で太ってしまう
服用してから頭痛で頭がガンガンする

 

 

元々、漢方薬は合う人会わない人がはっきり分かれるそうです。
服用して、身体に不調を感じたら飲むのを辞め、医師に相談してください。

 

 

中には命の母ホワイトを飲んで寝たところ、夜中に呼吸困難に
なった人もいるようですよ。

 

 

ただでさえイライラしているのに、それを改善するための薬でさらに
不調まで出てしまったら、本当にストレスですよね?

 

 

副作用の心配のないサプリメントなどの方が安心です!

 

 

■市販薬が合わない時は?

 

・食生活を変えて、症状を軽くする
・カルシウムとマグネシウムを一緒に摂るようにしよう

 

 

PMSを改善するために市販薬を購入して飲んでみても合わないことも
あります。

 

 

そんな時は無理に市販薬で治そうとしないで、食生活を変えるなど、
薬で治す以外の方法を考えましょう。

 

 

まず、PMSの症状で最も多いのは、やはりイライラです。
イライラを抑える成分は、やはりカルシウムですね。

 

 

カルシウムは野菜、豆腐、ホウレン草、モロヘイヤ、魚などに豊富に
含まれています。積極的にとるようにしてください。

 

 

そして、カルシウムの吸入を良くするために、マグネシウムを一緒に
摂るようにしてください。

 

 

マグネシウムは海苔や、納豆、海藻などに多く含まれています。
カルシウムとマグネシウムを一緒に摂取しないとスムーズに吸収
されません。

 

 

また、ビタミンDがいっぱいふくまれているきのこも一緒に摂ると
なおよいですね。

 

 

カルシウムは骨を丈夫にするだけでなく精神を安定させる作用があり、
マグネシウムは身体の中の水分を吸収したり、精神を強くする働きがあります。

 

 

■複数の漢方を取るよりも本当に効く1種類の漢方を取ろう

 

・PMSのイライラに効く漢方は女神散、加味逍遥散など
・効果が大きく期待できる漢方を集中的にとろう
・簡単に出来る対策もするべき

 

 

命の母ホワイトは、11種類の生薬を配合した薬です。
しかし、11種類すべての生薬が効果がある訳ではありません。

 

 

漢方薬はそれぞれに効果が違いますので、PMSのイライラに効く
漢方をピンポイントで1種類だけ摂取するようにすればよいのです。

 

 

漢方にも副作用がありますので、摂取する種類が増えれば増えるほど、
副作用のリスクも上がります。

 

 

ここから、イライラに効果がある、漢方薬をご紹介しましょう。
通販などで購入して、試してみてください。

 

 

「女神散」は、不安や不眠、めまい、そしてのぼせなどの症状に効果を
発揮します。また、「加味逍遥散」はイライラや気分の落ち込み、不眠症
にも効果がありますよ。

 

 

このように、精神的な症状に効果を発揮する漢方薬でないと、摂取する
意味がありません。

 

 

また、漢方を飲みながら他にも出来るPMSの症状の改善を試してみて
ください。

 

 

日記をつけて自分の精神状態を把握する

 

家族が職場の人など、周囲の人に生理前はイライラしてしまうことを
事前に伝えておく

 

ムリなスケジュールは入れないようにする

 

 

など、簡単に出来るイライラ対策は多くなりますよ。
出来そうなものから実践してみてください。

 

 

PMSの改善には本人の努力が必要不可欠ですが、周囲の理解も
必要です。

 

 

本人がイライラしていても相手にしない、落ち着いてから話を聞くと
いった対処法を用意しておけば、周囲へのストレスも軽くなりますよ。
■漢方薬を飲む前に気を付けること、副作用について

 

・漢方薬にも副作用はある
・自分に合っている漢方薬を選ぶことが大切
・漢方薬専門の薬局もある

 

 

生理前や生理中のイライラ、どうしても抑えられない不安などはPMS
と略される生理前症候群が原因。

 

 

イライラや体の不調でただでさえ弱っているところに、薬で治療をする
なんて不安ですよね?

 

 

そこで、PMSは漢方薬で治療しようとする人が、とても多いのです。
しかし、漢方薬には一般的にはあまり認知されていない注意点があります。

 

 

私はPMSの症状がひどく、ちょっとしたことですぐに号泣して
しまう症状に悩まされることがたまにある状態です。

 

 

その時のために漢方薬について調べていると、こんなことが分かったのです。
漢方薬にも西洋薬と同じように、「副作用」があります。

 

 

漢方薬が医療の表舞台に登場するまでは、「漢方薬は副作用がない」という
のが常識でした。

 

 

現在だったら、あきらかに副作用であろうという症状も「漢方家の未熟なワザ
のせいで、漢方薬そのものは悪くない」と、されてきました。

 

 

しかし、現在では漢方薬は3種類の副作用があることが分かっています。

 

1.合わない薬による副作用
2.アレルギー反応や生薬の薬理作用
3.一過性の副作用のあとに、症状が出る

 

PMSに作用する漢方だと、副作用として月経不順や月経痛が増すといった
モノもありますので、くれぐれも使用は気を付けましょう!

 

 

■低用量ピルの死亡例「ヤーズ」

 

・安全性が高いとされてきた低用量ピルで死亡例が出た
・出来るだけ飲まないようにするか、症状の変化に注意する

 

 

PMSの症状を改善するのに、低用量ピルはとても有効です。

 

 

ピルは2種類の女性ホルモンに似た成分で出来ています。

 

 

エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが分泌される
ためには、黄体化ホルモンというホルモンが卵巣を刺激する必要があります。

 

 

しかし、ピルで2つの女性ホルモンを取り入れていれば、女性ホルモンを
つくるために卵巣に刺激を与えなくて良いのです。

 

 

黄体化ホルモン分泌されることはありません。

 

 

この黄体化ホルモンがPMSの原因であると考えられているので、ピルは
PMSに有効という訳です。

 

 

そして、ピルは低用量ピルが最も副作用も効果も軽く、安全とされていました。

 

 

しかし、低用量ピルである「ヤーズ」を飲んで死亡事故が起きたのです。

 

ヤーズを服用したことにより、血栓症が表れ、致命的な経過をたどり、
死に至ってしまったのです。

 

 

ヤーズを服用することはできるだけ避けましょう!

 

 

そして、もしどうしても服用が必要になった場合は、服用中、このような
症状の変化に注意してください。

 

 

下肢の急激な心痛・むくみ、突然の息切れ、胸痛、激しい頭痛、
四肢の脱力・麻痺、構語障害、急性視力障害など。

 

 

血栓症とは、血管の中に血のかたまりが出来て、血行が詰まる病気。

 

 

どこの血管が詰まるかによって脳梗塞、心筋梗塞、肺感染、
深部静脈血栓症など、症状が大きく変わって来ます。

 

 

ヤーズは低用量ピルの中でもかなり効果の優しい超低用量ピルです。
しかし、こうした超低用量ピルだから安全というわけではありません。

 

 

命にかかわる事態にならないよう、気をつけましょう。

 

 

■低用量ピルの副作用は?

 

・ピルに身体が慣れるまで吐き気やだるさ、頭痛を感じる人もいる

 

 

低用量ピルでも副作用を感じる人もいます。
しかし、一過性の症状であることがほとんどです。

 

 

だいたいは1〜2週間くらいで収まり、最長で10週間以内に落ち着き
ますよ。

 

 

しかし、乳房が張る場合は、3カ月〜6ヶ月くらい続くことがあります。

 

 

いったんピルのホルモン環境に身体が慣れてしまえば、不快な副作用
がなくなり、安定したホルモンバランスでPMSに悩まなくて良くなります。

 

 

しかし、人によっては、症状が悪化するのでどうしても合わない時は
医師に相談しましょう。

 

 

■漢方とピル、どちらが安全?

 

・臨床試験を行い効果が保証されているのはピル
・どちらが安全とは一概に言えない
・病院で自分の症状を的確に言うことが大切

 

 

イライラを和らげる作用がある漢方薬と、生理を安定させるピル。
この2つでは、どちらの方が安全なのでしょうか?

 

まず、漢方薬は効果や副作用に医学的な根拠がありません。
まだ科学では解明できていない部分も多くあります。

 

 

一方のピルは西洋薬ですので、しっかり患者を対象とした臨床試験を
行い、効果も副作用も確認済みです。

 

 

どんな副作用が出て、どれくらい続き、どう効果が表れるのかがはっきり
明確に分かっているのは、やはりピルですね。

 

 

効能などがはっきりしているという点で、ピルの方が安全なのでは
ないでしょうか?

 

 

しかし、飲む人の症状や体質との相性にもよりますので、一概には
どちらが安全とは言い切れません。

 

 

また、病院で自分の症状を医師に伝える時は事細かに、伝えることが
大切。

 

 

じぶんの症状をしっかり把握できていれば、薬の服用で症状が変化
してもすぐに気付くことが出来ますよ!

 

 

また、生理開始何日前からPMSの症状が出始めて、何日間激しいイライラを
感じるか、生理が始まるとイライラは収まるか倍増するかなど。

 

 

自分の症状をじっくり確認することは、PMSになる心構えが出来ます。
自分の症状の流れを分かっていることはストレスを緩和しますよ。
■サプリメントは副作用が少ない

 

・サプリメントは健康食品なので薬ではない
・手軽に購入出来るので、試しやすいのもメリット

 

 

PMSの症状でイライラしている時に病院へいき、症状を医師に伝え、
病院のロビーで名前を呼ばれるのを待つのは、本当にストレスです。

 

 

普通の風邪の時に病院へ行って、長い間、待っているのもストレス
なのに、イライラが激しい時では尚更待ち時間を長く感じますよね?

 

 

そんな時は手軽に購入できるサプリメントがよいでしょう。
サプリメントは健康食品なので、副作用がほとんどありません。

 

 

さらに、通販などでも気軽に購入出来て、まとめ買いも可能。

 

 

手間がかからず続けやすいので、毎月症状が出てしまうPMSの改善に
向いています。

 

 

処方薬と違い、正しい1日の摂取量を守っていれば問題なくのみつづけら
れます。

 

 

ただ、チェストベリーを主成分にしているサプリメントは、チェストベリー自体に
アレルギーがあると、副作用が出てしまいます。

 

 

ビタミンB郡などが主成分のものを選ぶと安全ですよ!

 

 

■ルナベリーの悪い口コミ、良い口コミ

 

・ルナベリーの悪い口コミは
・ルナベリーの良い口コミは普段と変わらずに生理前生活できる

 

 

サプリメントを購入する時は、病院で処方される薬とは違い、自己判断で
商品を選んで試してみます。

 

 

そんな時に、参考になるのが口コミです。

 

 

PMSのサプリメントがさまざまな種類が出ていますが、有名なのは
ルナベリーですね。

 

 

ルナベリーというPMSに効果があるサプリメントは、本当にPMSが良くなる
のでしょうか?

 

 

ここでは、ルナベリーの悪い口コミと良い口コミ、それぞれをご紹介します。

 

 

まずは悪い口コミからです。

 

 

「1ヶ月間、期待しながら飲みつづけましたが、ニキビが生理前に
ひどくなるのに変わりありませんでした。

 

 

良い口コミばかりだったんで、効くと思っていたのに。
正直ショックです」

 

 

「PMSで不安感に毎月襲われるので購入しました。
飲み始めてまだ2週間ですが生理が来てしまい、以前と全く
かわらず、不安で胸がいっぱいですいしていただけにがっかり」

 

 

つづいてはよい口コミをご紹介します。

 

 

「以前は生理前になるとイライラして、ちょっとしたことが気になり集中でき
ませんでした。しかも、イライラだけではなくて、眠気や身体のだるさなどの
他の症状もありました。

 

 

最初は半信半疑だ他のですが、口コミを見て、ルナベリーで苦しかった
PMSが改善したという意見を信じて購入。

 

 

結果は、飲み始めて2週間後に生理が来ましたが、普段とほとんど変わら
ない精神状態で過ごせました。

 

 

また、眠気もだるさもなく、今までのPMSの症状がウソみたいでした」

 

 

「私は生理2〜3日前からイライラが止まらなくなり、どうしていいか分からず
家族に当たっていました。

 

 

しかし、ルナベリーを飲んでからそのイライラが半分以下に収まり、イライラ
してはいるけど、周囲の人に当たり散らすようなことはなくなりました。

 

 

また、ずっとニキビが出来ては治り、出来ては治りを繰り返していたのですが、
ルナベリーをのんだ途端にみるみる治っておどろきました。

 

 

生理が関係してニキビがひどくなっていたのを実感しました。
これからも引き続き飲みたいです」

 

 

悪い口コミを見てみると、2週間や1か月しか使っていないことが分かります。
実はサプリメントは医薬品と違い効果が出るのに時間がかかるのです。

 

 

身体に出る症状に直接働きかけるのではなく、食べ物のように身体に作用して
その症状が出にくいように体質を変えるのをサポートしてくれるものなのです。

 

 

ですので、人の体質が変わるのにかかる期間2か月を要します。

 

 

サプリメントが効果があるかどうかは、2ヶ月間飲みつづけてから判断して
くださいね。

 

 

■サプリメントの効果を高めるためには?

 

・空腹時に飲むと吸収率が高くなる
・体温を上げると身体の機能が高まるので、吸収も良くなる

 

 

サプリメントは2ヶ月間飲みつづけないと効果を発揮しない場合も
あります。

 

 

しかし、飲み始めて2週間で効果を発揮することもあるので、一概に
いつごろ効果が出るとは言えません。

 

 

ですが、サプリメントを摂取する効率のいいタイミングには個人差が
ありません。

 

 

サプリメントを体が最も吸収しやすいのは空腹時です。

 

 

胃腸に何も入っていないので、サプリメントの分解・吸収にだけ
集中できるのがその理由ですね。

 

 

くすりとは違い、飲む時間を一定にする必要がないサプリメント1日の
中で空腹を感じたら、サッと飲むようにして下さい。

 

 

飲むときは必ず常温の水で飲みましょう。

 

 

そして、体温を上げることで身体の働きが活発になり、サプリメントの
成分の吸収率も高くなります。

 

 

サプリメントを飲んだら体を冷やさないように、ひざ掛けをかけるなど
してください。

 

 

■体温を上げるとストレスも軽くなる

 

・体温を上げることで身体がリラックスして緊張がほぐれる

 

 

体温を上げることで、サプリメントの吸収も良くなりますが、PMSの
症状も良くなります。

 

 

人は眠りに落ちる時に自然と体温が上がっている状態になります。

 

 

ですので、体温がすこし上がるだけで身体がリラックスし、ストレスが
軽くなり、イライラも薄れるのです。

 

 

温かい飲み物を飲む、足首が隠れるデザインの服を着る、夏でも
生理前や生理中はサンダルではなくスニーカーなどにするなど。

 

 

無理なくできる対策を打ちましょう。